スーパーに売ってるトースト用バター4選!おすすめは?美味しいのはどれ?




あぶちゃん
スーパーにトースト用のバターって売っているの?

最近では、健康志向も高まって、トーストにマーガリンじゃなくてバターを使いたい!

そう思っている人も少なくないと思います。

しかし、スーパーに行くとマーガリンは沢山売っているのに、トースト用のバターってなかなか売っていなかったり、あっても数が少ない。

探すのに一苦労です…。

更に、値段はマーガリンより高めなのに、美味しいのだろうか?

結局トースター用のバターを購入しても美味しくなかったら嫌ですよね…。

そこで!今回はそんなスーパーに売っているトースト用のバターを4つ実際に使ってみました。

味は美味しいのか?量は?伸びはいいの?

などお伝えしていきます!

バターの他にも「こんな商品もあったよ!」っとマーガリンの代用品も買ってみました。

良かったらお買い物の参考にしてくださいね^^

トースト用のバターを選ぶ基準は?

食パンにバターを使いたいけど…。

バターというと、ケーキなどお菓子作りに利用するものであって、食パンに塗る。

というイメージはありませんでした…。

そして、バターは固い!伸びが悪い…。

だからこそ、パンに塗りづらそう…。

そんなイメージがあります。

そこで、

トーストバターを選ぶ3つの基準

①塗りやすい・伸びやすい
②味が美味しい
③食パンに合うもの

この3つを基準にスーパーに売っているおすすめのバターを探してみました!

スーパーに売ってるトースト用バターおすすめ4選!

それでは、スーパーに売っているトースト用のバターです。

インターネットでは沢山売っていますが、スーパーでは数少ない!4つのトースタ用バターをご紹介します。

オススメ①マリンフード 私のホイップドバター

マリンフードが出しているトースタ用のバターです。

ムニエルなど他の料理などでも使えます。

私がこのバターをオススメするのは、とにかくパンに塗りやすい。

ホイップというだけあって、伸びが良くて溶けやすいのです!

使い勝手はマーガリンとほぼ変わらない。

焼いたトーストにこのバターを塗るだけ!スッーとバターがすぐ溶けました♪

値段もスーパーで購入すればそこまで高くないから買いやすいですよ!

味も塩味がそこまで強くないしおいしかったです♪


原料:生乳(ニュージーランド)、食塩
量:100g
値段:398円(税抜き)
味:塩味が弱めで食べやすい。

オススメ②よつ葉バター


バターでお馴染みのよつ葉が作っているトースター用のバターです。

北海道産の生乳を使っているから安心して食べられます。

マーガリンと比べてしまうと、量は少なめ。

パンを毎日食べるご家庭だとちょっとこのサイズでは、スグになくなってしまうかもしれないですね!

 

しかし、味はものすごく美味しい!

 

バターということだけあって、固くて伸びは悪いです。

トースターで焼く前に、少しバターをとってパンの上にのせ、トースターの熱で溶かしてからバターナイフで伸ばすようにしています。

パンに染み込むバターから良い香りがして食べる前から美味しそうなんですよ!


原料:生乳(北海道産)、食塩
量:100g
値段:268円(税抜き)
味:ミルク感のある味わい。塩味が少しきいています。

オススメ③よつ葉発酵バター

同じよつ葉のシリーズです。

発酵されているので、オススメ②よつ葉バターよりも値段はお高値。

使うクリームあらかじめ乳酸菌で発酵させてから作られたバターですが、そこまで特有の香りも感じませんでした。

味はバターなのに後味がさっぱりとしています。

ミルク感を求めるならよつ葉バターをさっぱりを求めるなら発酵バターといった感じです。



原料:生乳(北海道産)、食塩
量:100g
値段:298円(税抜き)
味:バターなのにさっぱりとした味わい。味も美味しいです!

オススメ④よつ葉はちみつ&バター


これもよつ葉バターシリーズです。

こちらも、北海道産のバターにはちみつが入ったタイプ。

私は個人的に好きですが、好みが別れるかもしれません。

はちみつといっても甘すぎず、ほんのりとした甘さです。

おやつ感覚で食パンも食べれちゃいます。

ホットケーキなどにつけても◎でした!

甘いのが好きな人はオススメ!

バターの所々に黄色いつぶつぶが見えます。たぶんはちみつ…。



原料:バター(北海道産)、はちみつ
量:100g
値段:388円(税抜き)
味:ほんのり甘くお菓子感覚で食パンが食べれます。

食パンに合いそう?こんな物も売っていました!

トースト用ではないですが、マーガリンの代用となりそうな物も売っていました!

小岩井 レーズンアンドバター

トースター用とは書いていませんでしたが、こちらも試してみました…。

 

すると、ものすごく美味しい!

 

レーズン嫌いな人はダメですが、レーズンに甘味があるので、バターの塩味とよく合います。

こちらもどちらかというと、おやつ感覚で食べれるトーストでした。

量が少ないので、家族向きではないですが、一人で食べるならおすすめですよ。

後、包装がソーセージみたいになっているので、包丁で切るのが少し手間でした。



原料:バター(国内製造)、レーズン
量:75g
値段:228円(税抜き)
味:塩味とレーズンの甘味でおやつ感覚で食べられる。

クリーミースプレッド


これは、チーズクリームです。

添加物が入っているのが気になる所ですが、カリカリのトーストやバケットにつけて食べると美味しい!

クラッカーなどのお菓子に乗せて食べれたりしても◎


原料:生乳、クリーム、乳清ミネラル、乳たん白、食塩/乳化剤、安定剤(キサンタンガム)、保存料(ソルビン酸K)(一部に乳成分を含む)
量:125g
値段:298円(税抜き)
原産国:フランス

バターとマーガリンの違いって?

あぶちゃん
ところで…マーガリンとバターって何が違うの?

所でバターとマーガリンの違いは知っていますか?

マーガリンとバターでは作り方や原料が全然違います。

バターは動物性の脂が含まれて、生クリームを入れて良く振りながら混ぜると出来上がります。

マーガリンは植物性の油を使うことが多いです。

本来の姿は液体で、植物性の油に人の手を加えて固まらせているのです。

つまり、マーガリンは人工的な油といえます。

どこかの本で読みましたが、ありはバターは食べても、マーガリンを食べないそうです。

自然から出来たものじゃないから。

マーガリンは安くて美味しい。

私も以前は大好きで、トーストにマーガリンを沢山つけて食べていました。

しかし、その作り方やトランス脂肪酸の存在を知ってからはマーガリンを極力避けるようになりました。

外食やお菓子などで、マーガリンやトランス脂肪酸は沢山使われています。

現代の食生活からマーガリンをすべて避ける。

ということは難しいですが、自分なりに意識しながら体に取り込んでいます。

植物油脂に含まれるトランス脂肪酸!人体に与えるその危険性が怖すぎる…。

2019年4月12日

まとめ

身近なスーパーに売っているトースト用のバターを見つけてみました!

類似品のようになってしまったけど、スーパーにこれくらいしかトースト用のバターは売っていません。

スーパーによっては売っていない所もあるので、ぜひ探してみてくださいね。

ちなみに、格安スーパーには売っていませんでしたよ。

バターなので伸びが悪いのもありますが、トースターで溶かして食べれば美味しく食べれます。

ただ、動物性の脂なので食べ過ぎには注意ですよ。

トランス脂肪酸の少ないマーガリン10選!スーパーで手に入るものはどれ?

2019年4月24日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です