オリーブオイルで揚げ物するメリット・デメリット!味は苦い?何回まで出来るか実際やってみました。




あぶちゃん
オリーブオイルって揚げ油になるの?

一般家庭で揚げ油と言ったらキャノーラ油やサラダ油を利用している人も多いのではないかと思います。

独特の匂いがあるオリーブオイルは揚げ油向いていない。

そんな風に考えている人も少なくないはずです。

しかし、オリーブオイルは揚げ油にも適している油なんですよ。

私も実際に利用していますが、オリーブオイルを揚げ油に使っても美味しくいただいています。

オリーブオイルが揚げ油に向いている理由はその特性です。

ここでは、オリーブオイルが揚げ油に適している「メリット」、「デメリット」。

実際に「エクストラルバージンオイル」と「ピアオリーブオイル」で揚げ具合を比較もしているので、良かったら参考にしてくださいね。

オリーブオイルを揚げ物できるのか?その「メリット」・「デメリット」

最初はオリーブオイルを揚げ物にする「メリット」を「デメリット」についてです。

オリーブオイルで揚げ物ができるのか?

そんな風に疑っているあなたは、その特性に驚くはず!

メリット

オリーブオイルのメリット
・加熱に強い油
・酸化しづらい
・油が浸透しずらい

加熱に強い油

オリーブオイルは発煙点が210℃と高いのが特徴です。

他の植物油はというと、発煙点が180度。

そして、この発煙点に近くなるほど、油は酸化すると言われています。

つまり、オリーブオイルは加熱に強い油なのです。

そう考えると、普段使っている植物油を180℃で揚げることも多く、酸化した油を使っているようなものなのかもしれません…。

オリーブオイルは210℃なので、180℃の温度で食材を揚げてもオリーブオイル自体の健康維持の成分を損なわずに食べることができるんですよ。

※発煙点…油から煙が出る温度

酸化しづらい

オリーブオイルの成分オレイン酸は加熱に強く酸化しづらいという特徴があります。

また、加熱に関わらずオリーブオイルに含まれるポリフェノール自体も抗酸化作用があるので酸化しづらい油なんですよ。

スーパーに行くと何種類かのオリーブオイルが置いてありますよね?

日本では3種類のオリーブオイルが売られています。

オリーブオイル種類
・エクストラルバージンオイル
・ピアオリーブオイル
・オリーブポマーオイル

エクストラルバージンオイルとピアオリーブオイルはオレイン酸の量は変わりませんが、香りが全然違います。

購入した物も、両方とも14g中10gはオレイン酸と表記されていました。

エクストラルバージンオイルを一番搾りというと、ピアオリーブオイルは2番搾りと言った感じ。

そう考えると、香りが違うのも納得いきますよね。

油が浸透しずらい

オリーブオイルは揚げる素材の中にあまり浸透しないのが特徴です。

他の油では、ナスやピーマン、鶏肉など揚げる時はその素材の中にも油が入ってしまいますよね?

オリーブオイルは素材の表面にとどまり素材そのものの味も活かしたまま仕上げてくれます。

揚げ物をあっさり食べたい人はオリーブオイルを使うと良いですよ!

デメリット

オリーブオイルを揚げ油に使うデメリットを考えてみました!

オリーブオイルのデメリット
・コストが高い
・香が気になる

コストが高い

キャノーラ油やサラダ油に比べると、オリーブオイルはコストが高いです。

種類にもよりますが、私が購入したオリーブオイルはキャノーラ油よりも2倍高いものでした。

揚げ物を沢山する家庭であれば出費も大きくなりそうですね。

匂いが気になる

オリーブオイルのメーカーによって香りも様々です。

オリーブオイルといえば、他の植物油脂とは違って匂いがあります。

その独特な香りが強いものあればあまり感じないものもある。

香りが強い物を選ぶと、揚げた素材にもついてしまいます。

匂いが苦手な場合は、2番搾りであるピアオリーブオイルを選ぶと良いですね。

(エクストラルバージンオイルは香りがあります。)

続いて、実際にオリーブオイルで揚げ物を作ってみました。

オリーブオイルの特性を頭の隅に置きながら読んでくださいね。

オリーブオイルの揚げ物用といえばエクストラルバージンオイル?

あぶちゃん
オリーブオイルといっても、どの種類が揚げ油に適しているのかな?

オリーブオイルを揚げ油にする場合は、やっぱり気になるのがその香りではないでしょうか?


エクストラルバージンオイル…一番搾り、オリーブのみをしぼったオイル
ピアオリーブオイル…二番搾りで絞ったオリーブオイルを精製した香り・味がほとんどない。

少しでも香りを楽しみたい人はエクストラルバージンを。

香りいらない人はピアオリーブオイルを選ぶと良いと思います。
(香りといっても熱で弱まってしまうので、本当に香を楽しみたい人は生が一番良いですけどね。)

オリーブオイルで揚げ物!味は苦い?実際に試してみました!

実際にオリーブオイルが揚げ油に適しているのか実際に試してみました!

オリーブオイルで揚げ物!

①オリーブオイルで揚げ物にTRY!
②オリーブオイル揚げ物!何回まで使えそう?

①オリーブオイルで揚げ物にTRY!

今回は身近なスーパーでみかける、「エクストラルバージンオイル」と「ピアオリーブオイル」で揚げ物を作ってみました!

条件
重さ、油の量300ml、温度180度、揚げ時間同じで揚げます。

・ナス

油を多く吸いそうな天ぷらと言えばナス!

ナスでどのくらい油を吸うのか見てみました。

そして、そのあげ具合なども!

⇓3分後天ぷら紙の状態

・ピーマン

油はそんなに吸わない食材として揚げてみました。

⇓3分後天ぷら紙の状態

●味は苦味はあるの?

エクストラルバージン・ピアオリーブオイル両方とも、
中に油がほとんど浸透していないのか、あっさりと食べられたことに驚きました。

衣はカリカリ、素材の味が活かされいます。

苦味などは特に感じられなかったですよ。

●オリーブオイルの匂いは?

エクストラルバージンオイル:
衣にほんのりオリーブオイルの匂いがついていました。

冷めた後で香りが強くなるのでは!?と思うけどそうでもなかったです。

しかし、熱で飛ばされているのか生よりはしません。

ピアオリーブオイル:
生の状態でもほとんどオリーブオイル独特の香はしません。

普通のサラダ油の感覚で揚げた後も無臭のようにも感じました。

その他:
オリーブオイルにはポリフェノールが含まれています。

生の状態でオリーブオイルをテイスティングするとわかりますが、喉を通た後に辛さというか苦味を感じます。

これが、ポロフェノールの味なのです。

オリーブオイルで食材を揚げるということは、このポロフェノールの味(苦味)がわかりませんでした。

●油のキレは?

上の写真を見てもらうとわかるけど、油の切れはそこそこでした。

これは、素材にもよるので一概にはいえません。

②オリーブオイル揚げ物!何回まで使えそう?

オリーブオイルは何度も加熱しても酸化はしづらいと言われていますが、実際何回まで美味しく食べれるかあげてみました。

そして、味や香を見ながら個人的の限界を決めました。

個人的には、使いまわしは3回までが限界でした。

300gのオリーブオイルを使い続けた結果、量がだんだん少なくなり4回揚げ終わった後はかなり少ない量になりました。

しかし、油が劣化すると泡のようなものがでるけど、そういったものは4回目でも見られなかったです。

1回目


天ぷらを揚げました。
キャノーラ油やサラダ油よりもカリッと仕上がっていて美味しくたべれましたよ。

2回目


2回目も天ぷらです。
4人前の天ぷらの量を揚げていますが、こちらも1回目とほぼ変わらずカリッとしていました。

油の色は少し変色してきましたね。

3回目


揚げ油としてはここまではいけそうです!

3回目は唐揚げをあげてみました。
普段よりもサッパリ食べられ、しかも、3回目でもカリッと仕上がっていました。

エクストラルバージンオイルはオリーブオイルの香りがスパイシーさを感じ香りになっている?

そんな風に感じるのは私だけでしょうか?美味しくいただけました。

油の色は最初の頃と比べるとかなり変色しています。

やはり、ここまでが限界なきがしました。

4回目


3回目で限界を感じたものの、4回目も揚げてみました。

4回目も唐揚げです。

味は良く、驚いたのが、キャノーラ油などを使っていると、2回目、3回目には泡のようなものがでてきます。

しかし、オリーブオイルはそういった泡はでませんでした。

4回目でも美味しくいただけました。

しかし、油の色や量を考えるとこれ以上はもう揚げ油としては使えません。

私が使っている揚げ物用オリーブオイルは?

揚げ物をするときは、わが家ではオリーブオイルを使っています!

使っているオリーブオイル(エクストラルバージンオイル)はこのオイルです。
↓    ↓    ↓

昭和産業さんのオリーブオイルでスーパーでも売っている油です。

容器は少し気になりますが、コールドプレス製法。

揚げ物と言えば油を沢山使うので、2000円、3000円もする高価なオリーブオイルを使うことは、家計的に使えないと思った私は、こちらのオリーブオイルを揚げ物用として使わせてもらっています。

このオリーブオイルであれば、スーパーで800円前後(600g)で購入することができます。

更に、揚げた後も苦味はなく、オリーブオイル特有の香りもそこまで感じません。

だからこそ、私にとってこのオリーブオイルは揚げ物に最適です!

良かったらスーパーで探してみてくださいね!

まとめ

揚げ物に向いているオリーブオイルはどれなんだろうか?

それは好みで別れる事がわかりました。

スーパーで見かけるエクストラルバージンオイルとピアオリーブオイルの揚げた後の違いは、香りです。

エクストラルバージンオイルは香りが強く、ピアオリーブオイルは香りがほとんどしません。

オリーブオイルの香りが好きな人はエクストラルバージンオイルを、香りが好きじゃない人はピアオリーブオイルを使うと良いですね。

また、メーカーによってもオリーブオイルの香りが違うのでそこも注意したい所です。

オリーブオイルは健康に良い。

そんなイメージが大きいですが、今回の油は健康とは関係なく、オリーブオイルを揚げ油に使った場合を書いています。

本当に身体に良いオリーブオイルをご希望の場合は、やっぱり本物のオリーブオイルを購入し生で食べることがオススメです。

本物のオリーブオイルとは何か?別の記事を読んでくださいね。

オリーブオイルにトランス脂肪酸が含まれている?調理の仕方で悪い油にも!?

2019年5月22日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です